Skip to content →

店舗窓口とは違う?アコムで返済時にatmを利用する

例えば、アコムの窓口を利用する時のイメージは「銀行」と同じです。空いている窓口に目的を申し出て、対応の手続きを進めていく訳ですが、現状ではアコムの窓口が設置されている場所は非常に限定されてしまうため、基本的にほとんどの人はatmを利用することになります。借入れ・返済ともにATMを利用すれば24時間いつでも利用することが出来る様になるため、むしろこちらの方が便利な方法だと思っていても問題ないでしょう。

窓口とATMとの違いは、営業時間と手数料の有無です。例えば、銀行引き落としを利用する時には手数料は発生しませんが、自分からアコムの口座に入金する時には振込手数料が必要になります。同様に、ATMを利用する場合にも専用ATMなのか提携ATMなのかで手数料の有無が変わってきます。

専用ATMを利用する場合は手数料無料で利用することが出来るのですが、提携ATMを利用する場合には手数料が発生します。借入れ・返済ともに手数料が発生する方法を利用していると、最終的には非常に大きな金額になっていることも珍しくありません。

契約時、金利が何%なのかと言う点を意識することが大切だと言われていますが、そこで低い金利設定のカードローンを利用したとしても、最終的に手数料分で相殺してしまっていたのでは意味がありません。その為、極力は手数料などのコストがかからない方法を利用していくことが大切です。

時間を気にせずに利用でき、日本全国ほとんどの地域から利用出来るというメリットがあるものの、しっかりとリスクも把握していく必要があります。

Published in atm アコム 返済

Comments are closed.