Skip to content →

学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と給付のタイミングについて

学資保険は「いつから」と決まっているものではなく、加入年齢範囲内であればいつでも加入することが可能です。しかし、年齢が高いと支払総額、受取金額は同じでも月々の支払いの負担が大きくなります。月々の保険料は、加入時の契約者(父親・母親)の年齢と子どもの年齢でも変わります。もちろん保険会社や選択した学資保険のプランによっても異なります。
いつから入ったら良いのか悩んでしまいますが、加入時期は早ければ早い方が支払いの負担も少なくなります。また、学資保険の強みである払込免除(契約者に万が一のことがあった場合に保険料の払込が免除される)が契約時から適用されます。いつから入ろうかと悩んでいたら、すぐに資料請求をしたり情報を集めるのが得策です。
現在では妊娠中(出生140日前)から加入できるプランもあり、これも契約時から適用されます。そのため、出産前に契約者が死亡してしまった場合や高度障害など条件を満たせば保険料の払込の必要がなく、給付金も設定した分を満額受け取ることができます。妊娠中のうちに加入する学資保険を決めておくと良いでしょう。
学資頬件の給付金の受取のタイミングはあらかじめ決まっているプランが多いですが、給付回数が少ない方が返戻率が高くなります。年金形式のように、進学のタイミングで受け取るのか、大学入学時に満額受け取るのかでは受け取る金額に大きな差が出てきます。
学資保険は子どもの大切な教育資金です。いつから加入しようと悩んでいるうちに入りたかったプランに加入できなくなってしまうケースもあります。検討することは大切ですが学資保険は早めに加入する方が良いでしょう。

Published in 保険

Comments are closed.